日本の平和が守られたのはなぜ?

heiwa1.jpg


日本の平和が、戦後70年続いてきたのはなぜなのでしょう。

この議論をすると、いろいろ意見が分かれることだと思います。

一昔前だったら、最後は口論にまで発展してしまったりした問題の一つです。

でも、今では少しは現実に気づいている方々の方が多いようにもわたしには思えます。


わたしは、日本が平和で来られたのは、ずばり在日米軍の存在だと思っています。

安保条約によって米軍が駐留する国に、攻めてくることのできる国は世界にはありません。

ただ、最近では、中国がそれを脅かしかねない存在になってきていますが。


でも、これまでの平和は、在日米軍の存在が抑止力となっていたのは、現実だとわたしは考えます。


ところが、平和憲法のお陰だとか、憲法9条があるからだとか、主張する平和ボケした人たちが今でもいます。

このような人たちには、何を言ってもわからないみたいです。

自分たちが平和憲法を持っていれば、相手は絶対に攻めてこないとでも思っているようなのです。


実際問題として在日米軍は、核兵器だっておそらく装備していることでしょう。

もちろん、そんなことは公にできるはずもありません。

むしろ、それはわからない方がかえって抑止力になっている側面もあるからです。


完全にアメリカの核の傘に守られてきた日本です。

自分で自分の国を守ることのできない現代の日本。

アメリカに頼ることしかできない現代の日本です。


それは、情けないことですが、このおかげで日本の男性には、韓国のような徴兵制もなく、経済活動のみに専念できてきたのだと思います。




これからの日本、アメリカとの関係。

アメリカに頼り切っている限り、日本は本当の意味で独立はできないでしょう。

また、独立しようとしてもアメリカに阻止されるでしょう。



幼い子供たちに、自分の国を心から誇れる国、日本として残してあげたいものです。

そのためにも、大人一人一人が、この現実をしっかり考えていかなければなりません。