イージスアショアの配備停止/本当は何が?



これって、どうして? って思いました。

多くの日本人が思ったことでしょうね。

莫大な費用をすでに使って進めてきたのに。

表向きの理由が、いかにも嘘くさい内容でした。


そもそも、この大陸から飛んでくるだろう弾道ミサイルを、宇宙で撃ち落とすなんてこと、本当にできるのでしょうか?

仮に一つや二つは撃ち落とせたとしても、相手国から、例えば500発も撃ち込まれたら、どうなるのでしょう?

それらを一つ一つ撃ち落とすことなんてできるわけがない。それは、素人だってわかること。

にもかかわらずこの計画を進めてきたのは、アメリカからの要求があったからであることは、だれだって想像できます。


ではどうして、その計画を止めることに?

いくらアメリカに言われたって、日本にだってミサイルの専門家はいたはずです。

事前に調査はしなかったのでしょうか?



完成までに、当初の予算以上にあまりにも高額になることがわかり、未だ未完成のアショアの本質が時間とともにわかってきたのでしょう。

ならば、この先、アメリカとの関係はどうなるのでしょうか?


軍事力のない日本です。

いざとなったら、自分で自分の国を守れません。

アメリカの後ろ盾がどうしても必要な国、それが現在の日本です。

この国のかじ取りはどうするのでしょう。

日本が本当の独立を目指そうとすれば、アメリカに斬られます。

過去の総理大臣をみれば、それは歴史が証明しています。

田中角栄さん、岸信介さん然りです。


安倍総理は、この難局をどうするのでしょうか。

今の日本には、安倍総理しか任せられる人がいません。