さらに使いにくくなったMicrosoftエッジアップグレード版

3389135_s.jpg


もういい加減にしてほしい。

インターネットエクスプローラーでパソコン入門期を過ごしたものにとっては、

その使いやすさと慣れ親しんだ思い入れもあって、Windows10から導入されたMicrosoftエッジへイヤイヤながら移行した人もきっと多かったと思います。

わたしもその一人です。

ところが、使ってみると非常に使いにくいMicrosoftエッジ。

これは、改悪じゃないか!

って言いたくなるくらいのものなのです。

何よりもお気に入りの欄が広すぎて、常時表示しておくわけにもいかず、結局普段は閉じておくことで、余計な手間がかかることかかること。


それでも使っていたのですが、今度は画面がすぐに重くなったり、フリーズしたりも頻発。

そのたびに、メンテンナンスアプリでメンテナンスしながら使ってきました。

ところがです。

さらに、つい最近になって自動で更新されてきたアップロード版。

これまでの青一色のロゴとちがって、緑がかったロゴになりました。


このMicrosoftエッジは、さらに使いにくくなりました。

例えば、お気に入りバーはMicrosoft社のぺージを表示した際のみ表示されるので、別の画面にいるときは、わざわざ右側のお気に入りを開かなくてはならないのです。

しかも、新しいお気に入りの画面が、邪魔なくらい大きくて、見にくいし、二段階になっていて、手間がかかるし使いにくいし。

これを修正するには、またまた、設定画面に入って、細かく設定のし直しが必要になりました。


さすがに、わたしももうイヤになって、もうGoogle chromeに移行しようと、設定画面からお気に入りのエクスポートをしようと思ったら、そのHTMLのエクスポート機能さえなくなっているのです。

ですから、移行すること自体が大変な作業だけれども、もうMicrosoftエッジには期待しないことにしました。

早く、Google chromeに移行することをめざします。

ただし、保存したお気に入りの項目は、フォルダに分けて入れているので、あまりにも膨大な量になります。

仕事のことだけでなく、趣味関係のものもあります。

それをもう一度、IDやパスワードを打って設定しなおすのにはやはり時間がかかります。

すぐにはできないと思うので、しばらくはエッジとchromeの併用になりそうです。


今回のアップグレード版は、Google chromeにユーザーが流れるのを少しでも、食い止めようとしているのでしょうか。

でも本当にユーザーのことを考えていない機能ばかりが目立ちます。

これを見て、益々Microsoftエッジがさらにイヤになりました。


よくもこんなに使いにくくしたもの。

これじゃ、益々Googleにユーザーは流れていくことでしょう。


アップグレード版が出る時は、いつもセキュリティー面を強化するのが目的という表向きの理由がつきもの。

例え、それが本当であったとしても、使いやすさも重視しなければユーザーは離れていくばかりだと思います。